無添加化粧品アイホワイト i-white

SKIN CARE ULTIMATE WEAPON

SKIN DETOX 無添加美白化粧品[アイホワイト]

山岡生香ビューティーブログ

IKUKO YAMAOKA BEAUTY BLOG

“半身浴より睡眠”

かなり前ですが、 雑誌の記事である女優さんが、

 

忙しくて自宅に2時間しか戻れない場合は、

眠るのではなく、半身浴をします。

と書かれてるのを読みました。

 

ひゃー すごいですよね(≧∇≦)

 

入浴にはカラダを温めたり リラックス効果もあるので確かに美容効果もあり
私もお勧めしたことがありますが
現実的に、毎日ゆっくり1〜2時間も半身浴するのは
難しい人も多いのではないかと思います。

 

それに海外組は特にお風呂から遠のく傾向がありますよね…
実際私も出産後1年は全く湯船に浸からずシャワーだけでした。
(入りたかったのですが(^^;;)

 

 

半身浴の誤解でよくあるのが 「汗をたっぷりかいて毛穴のお掃除」 という認識。

 

しかし、汗の出る穴と毛穴は全く別ですので
*発汗 = 毛穴の掃除にはなりません

 

ただ、カラダや心が気持ちいい☆ と感じることは
基本全て美容に良いと私は思っているので
入浴のときのあの気持ち良さが何より癒される♪ という人は是非続けて下さい。

 

しかし冒頭の女優さんのように 忙しくて時間がない場合は
迷いなく睡眠を選択することをお勧めします(^-^)

 

どんなに気を付けていても 私達の肌は毎日ダメージを受けています。
そしてそのダメージを修復するのが、

 

☆有害な添加物を含まない正しいスキンケア  そして
☆睡眠 です。

 

新しい肌細胞は睡眠時に再生されますから

“綺麗は環境から”

“綺麗は環境から”

 

これは私が常々お伝えしていることです。

 

“綺麗になりたい”

 

そんな想いは女性なら誰しもあると思いますが
美容や健康管理に気を配ると同じくらい
自分が毎日過ごす環境をキレイに整えてください。

 

もしお掃除や整理整頓が苦手な場合は ま
ずは自分が一番長い時間過ごす場所、 そこだけを一点集中して。

 

始めに窓を開け、 空気の入れ替え。
これは出来たら朝がオススメです。

 

次はそこに有る物を種類別にまとめて収納にしまい
その際、必要なさそうな物は 思い切って処分する。
“断捨離”をしてみてください。

 

そうして物が整理された場所は 掃除機やモップもかけやすいですし
家具や家電、コンピュータなどには意外とホコリが溜まりやすいので
毎日ささっと拭く習慣をつけるといいですね☆

 

澄んだ空気に 整理された清潔な空間。
同じ場所でも全く違ってきます☆

 

そこは綺麗が作られる空間。

 

 

これは不思議と心にも良い影響を与えてくれます。
ついクヨクヨ悩みがちな性格が 知らないうちに解消されていたり。

 

  汚れた場所から綺麗は生まれません。

 

自分に直接の美容ばかりでなく 環境を美しくすることにも 少しこだわってみてくださいね♡

ポリフェノールとは

ポリフェノールとは

 

今日は、先日ちょっと触れたポリフェノールについてお話したいと思います。

 

ポリフェノールと言う言葉自体にはわりとなじみがあるのではないかと思いますが

では一体その正体は??

 

ポリフェノールとは多くの植物に含有されていて約5千近くの種類がある抗酸化成分です。

 

そもそもポリフェノールが話題になり始めたのは

“フレンチパラドックス説” が注目された30年くらい前。

 

フランス人は喫煙率も、食事からの脂肪摂取も多いのに

動脈硬化や、心臓疾患での死亡率が低いというデータから

その理由が、フランスが消費量第一位となっている赤ワインにあるのではないかと

いうことで研究が始まり、

結果赤ワインに含まれるポリフェノールが注目されたわけです。

 

また、静岡県民には虫歯が全国平均に比べ少ないらしく

その原因も、緑茶に含まれるポリフェノールにあるのではないかと考えられています。

 

 

ポリフェノールの最大の特徴は、 “抗酸化効果”

酸化、つまり身体が錆びていくのを防ぐ作用です。

その結果、アンチエイジング効果が期待できるわけです。

 

さらにこのポリフェノールには、抗菌作用や、抗炎症作用もあり、皮膚のDNA修復を

促すことから、体内からの美肌ケアにもなります。

 

本来、身体の錆びを防ぐ抗酸化酵素は、肝臓が作り出しているのですが

年齢と共にこの機能が衰えていきます。

これを補うためにも、食事や安全なサプリメントでポリフェノールを補うことも

ひとつの自己メンテナンスに繋がるのではないかと思います。

 

ちなみに、ぶどう、いちご、ラズベリー、りんご、ザクロ、

飲み物では、コーヒー、緑茶、赤ワインなどに

多く含まれていますよ☆

 

同じ物を摂り続けるのではなく、

種類を変えて、うまく摂取することをオススメします

マイリピ♪

 

☆Beauty Buy☆

 

久々のマイリピです♪

 

1236029_508036822616736_285250117_n

リピートしているサプリと
自然の糖分 アガベシロップです♪

アガベシロップ(AGAVE NECTAR)は私がいま一番
気に入っている糖分で
サボテンから摂取される天然由来のものです。

他の砂糖や人工甘味料のような
血糖値や神経への心配もありません。
最近は料理も全てこれを使用。
モデルさん、ミスコンの出場者たちも最近  、砂糖→アガベに変えてるみたいですね☆

(お勧め☆カレーの仕上げにお鍋に一回り加えると更に美味しくなりますよ^^)

 

真ん中のfish oil はもう3〜4年は
飲み続けてます。
血液の浄化に^ ^
このメーカーのは、アスタキサンチンもしっかり入っているので気に入ってます。

左はレスベラトロール(Resveratrol)
これは ブドウから採れるポリフェノールの一種なのですが
細胞の酸化を防ぐ働きから
アンチエイジング効果が期待できる成分です。
最近ではガン予防効果も注目されています。

以上全て Mr Vitamins にて購入しました^ ^

(注意)
持病やアレルギーなど
身体に心配のある方は
ドクターの指導に従ってくださいね!

 

 

au

来月には3歳になりますー(^^)

選ぶ基準

“何が入っているかより、 何が入っていないか”

 

スキンケア化粧品だけでなく 身体や肌に使うもの、

 

食品を選ぶ際 これを基準にして頂きたいです。

商品を世に広める際に、

イメージの良い配合成分をメインに打ち出すことが多いですが、
実は何が入っていないかの方がよっぽど大事です。

 

どんなに良い有効成分が配合されていても、同時に有害な成分が配合されていたら、
使用することで継続的に肌や身体を傷めることになりますから…

 

残念ながら 商品化されている=安全 ではなく
添加物、指定成分は害が認められていたり、疑われているのに、
使用が認可されているものがたくさんあります。

 

自分やご家族のためにも 選ぶチカラ、知識を身につけましょう(^^)♪
今後もお役にたてるような情報を ぽちぽち発信していきたいと思います。^_−☆

ダイエット食品について

シュガーフリー
ファットフリー

いま、市場にはカロリーセーブをした食品が溢れていますね。

ダイエットのために、人工甘味料を使ったカロリーゼロのジュースを飲んでいる人も多いのではないでしょうか?

以前、白砂糖の害をお伝えしたことがありますが、
ダイエット飲料などに使われる
人工甘味料 (アステルパーム等)
もっと身体に良くないです。
言わば、薬品です。

砂糖の180~220倍の甘さがあり、
使用量が砂糖の約1/200で済むことからダイエット飲料や食品等に使用されます。

アメリカの大学の研究チームによる調査では、人工甘味料には体や脳の仕組みを混乱させる作用があることがわかったそうです。

「本物の糖分を摂取すると、血糖値や血圧を調整するホルモンが分泌されなくなる」
とか…(-_-)

 

また、甘いものを摂っているのに満腹感が得られないため余計に空腹感を感じたり、
自然の糖分が不足するのでさらに甘いものが食べたくなる衝動に駆られたりもするといいます。

ダイエットのために選らんでいるのに、これでは逆効果ですよね!
シュガーフリー、ファットフリー

その裏には、それを補う為の
人工甘味料や、粘土剤などが
使用されることを知って下さい。

フリー、と言う文句に安心して
過剰摂取に繋がることもあると思います。

 

私の持論ですが
食べたいものは、いっそのこと
フルカロリーで食べて
量をコントロールする習慣を身につける方が断然美容にも良いと思います。

そのかわり、好きなものを食べるときは、思い切り幸せな気分になって、
満足感をアップさせましょう

 

人工甘味料には中毒性もあるので、今から出来るだけ排除して
自然の糖分を摂りながら
健康的な食生活で
ヘルシーな美しさを手にいれたいですね☆

朝の洗顔。

朝の洗顔はお水、またはぬるま湯だけ、と言う方意外と多いのですが、

寝ている間にも皮脂は分泌されていて、それに空気中のホコリ等が付着します。

そのうえ皮脂は肌の上で酸化していきます。

 

“乾燥肌だから”、との理由からだと思いますが、肌の潤いは洗顔で流れていくものではなく、

肌内部の問題です。

(乾燥肌対策にはセラミドを配合した美容液を毎日使うようにしてください、

根本からのケアになります。 お勧め☆クリアホワイトセラム)

 

 

それに皮脂を放置していても保湿ケアにはならないどころか、

毛穴を詰まらせたり、くすみの原因になります。

 

大切なのは何でどう洗うか。

界面活性剤を大量に含んだ洗顔料で頻繁に洗っていたら、もちろん肌は傷みます。

 

しかし良い洗顔を選び、丁寧に泡立ててぬるま湯でしっかり洗いながす。

そんな洗顔をすれば、次に使う化粧水、美容液等の美容成分もしっかり浸透してくれます。

 

もちろん何に対しても100%とは言い切れませんので、私の見解として参考まで。

野心のすすめ

1148941_496692537084498_731343593_n

最近読んて面白かった本。

野心のすすめ
林真理子

 

彼女の小説もエッセイも

昔から大好きです☆

 

この本は、林真理子さんが

地位もお金もない、売れないコピーライターから、

押しも押されもせぬ売れっ子小説家に成り上がるまでのエピソードを踏まえながら

綺麗事ではない彼女の
幸せの掴み方が綴られています。

 

私も文章を書くお仕事をしていた時期があるのですが、

彼女の文才にはいつも脱帽、

軽く読ませる技術、凄いな〜
と思います。

 

 

さて、この本のテーマである
“野心”

日本人は、野心を
やましいもの。下品。腹黒い。

なんて捉える風潮がありますよね。

 

しかし、野心って、素直に考えれば、
自分の手に入れたいものに向かっていく心だったり、努力だったりすると思うのです。

自分の現状に決して満足していないのに、
“今更私にはムリ…”
そんな日々を過ごしていませんか?

 

冒頭にも書かれているのですが

健全な野心をもつ第一歩は
“現状認識”

 

今のままで本当に満足なのか?
もっと手に入れたいものがあるのか?

自分の欲に気付いて努力していくことって
生き甲斐にもなるんじゃないかな…
?と私は思います。

そして意外と不可能なことは
少なかったり。

 

思い起こせば
子供の頃の私は、複雑な家庭環境と、酷い肌で、何もかもに消極的でした。

野心なんて持つことも知らず

“普通になりたい”

それが唯一の夢だった
ちょっと暗い子でしたね(笑)

いま思うと、普通の定義も
人によって大きく違うのですが。

しかし、あるとき気付いた自分の欲に対して、勉強して努力して、
それが今の仕事になりました。

“キレイな肌になりたい”

この想いはかなり強いものでした。

何に関してもですが、

願わないことは
実現しませんよね。

何もない私でしたが
不思議と、誰かに嫉妬したりする気持ちは持ったことがありません。
憧れた人はたくさんいますよ☆
人のサクセスストーリーも
大好きです!

 

今もまだまだ未熟すぎる人間なので
もっと野心をもって成長していきたいな〜
と思ってます(^o^)

毎日を楽しく生きるためにも

“魅力的な野心家”
になりませんか♡?

綺麗になりたい理由

“死ぬときに綺麗でいたいから”

あるお年を召した顧客さまは、
お会いするたびに、こうおっしゃいます。

死、と言う言葉に私は毎回少し戸惑ってしまうのですが…

“綺麗になりたい”
女性なら誰でも抱く願い。

でも大抵それは、
誰かに綺麗だと思われたい、
または自分を満足させたいという
想いから来ると思います。

でも、死んだ自分の状態を目標にして美容をする。
考えてみると、これって素敵なことだな、と思いました。

自分の人生を共に歩んだ身体と顔への敬意を込めて…
そして、やっぱり
“死に顔も綺麗だね”
なんて思われたい、
そんな最後の乙女心もあるのかもしれませんね♡

いつか私もこのお客様の想いを
本当に理解できる時が来ると思います。

低いハードルから。

私の子供時代を振り返ると、肌の汚さ、それが一番大きな思い出となっています。
特に小学校5年~中学校時代が一番酷かったです。
これは私の性格にも大きな影響を与えたと思います。

その時の私の想いは、
「中の下くらいでいいから、驚かれないくらいの肌になりたい」そんなものでした。

それから肌について調べるようになり、
少しずつ改善していき、20歳のとき、
「肌がキレイですね」
という言葉を生まれて初めて言われました。
それも肌のキレイな女性からです。
本当に衝撃的でした。

それからは、もしかして肌に自信を持っていいのかな??
という気持ちが生まれ
もう少しキレイな肌になりたい。。

そうハードルが上がっていきました。

今でもお客様や友人に肌を褒めてもらえると
信じられない気持ちがあります。

でも、低いところからでも、知識をつけながら
ハードルを越えたことで
もう少し上のハードルに向かっていくことができた、
そう実感しています。

これは肌のことだけでなく、他にもいろんなことで
体験できることかもしれませんね。

なりたい自分に近づくために
まずは低いハードルから越えていくこと。
これからも自分に課していきたいなと思っています。

HELP
トップに戻る